『青森ねぶた祭』開催五日目!
青森ねぶた2009 Vol.80 〜 2009年ねぶた大賞 vol.1 〜
写真1
撮影日/平成21年8月6日
Picture Date
August 6, 2009


〜 北村蓮明氏の初受賞 〜


 今年の『ねぶた大賞』が、昨夜の22時53分過ぎ、発表された。
  残念ながら、私が今年の一月から撮影を続けてきた北村隆氏による三台のねぶたではなく、隆氏の双子の弟・北村蓮明氏(本名:北村明)制作の 『水滸伝 樊瑞、公孫勝に挑む』(日立連合ねぶた委員会)が選出された。
  かつては、 『田村麻呂賞』と呼ばれた時代から、これまで十一度も『ねぶた大賞』を受賞してきた北村隆氏だが、弟の明氏は、今回が初の受賞となる。
  明氏は今年二台のねぶたを制作したのだが、そのもう一台のねぶた『楠木正行 四条畷の合戦』(青森県板金工業組合)も、第二位にあたる『知事賞』を受賞しており、ねぶた師にとっては最高の栄誉である『最優秀制作者賞』と共に、『運行・跳人賞』と『囃子賞』も『日立連合ねぶた委員会』が受賞したことを考えると、これ以上はないというほどの『賞』の独占状態であった。
 本日は、私のサイトでは毎年の恒例となっている『ねぶた大賞』受賞ねぶたによる、出陣のスナップショットを、ご覧頂きたい。

写真2
写真3
写真4
写真5
写真6 ラッセランドを出て行く『ねぶた大賞』受賞ねぶた。
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11
写真12
写真13
写真14
写真15 ねぶたの頭上には、既に秋の気配が訪れてきている。
写真16
写真17
写真18
写真19 今回、初めて『ねぶた大賞』を受賞した北村蓮明こと北村明氏。他のカメラマンの撮影の合間に、急遽視線を向けて貰い、撮影した。
写真20 運行開始の場所についた『ねぶた大賞』を受賞したねぶた。
写真21 太鼓の音に合わせ、まず顔の一つが点灯された。
写真22 二つ目の面が点灯した。
写真23 三つ目の面も点灯だ!
写真24 右端の竜も点灯された。
写真25 竜の腕が点灯される。そうして・・・。
写真26 ついにねぶた全体が点灯した。さあ、運行の開始だ!
 
 
 
 
使用カメラ
撮影カメラ
EOS 5D MarkU×2