『青森ねぶた祭』開催まで、あと20日!
青森ねぶた2009 Vol.62 〔一挙、58枚の写真を掲載!〕
  〜 シリーズ 昨日[7月12日]のねぶた小屋 vol.46 & 囃子方『に組』の屋外練習風景 〜
写真1 不動明王にも次々と色が付けられてゆく。
 本日は、『に組・東芝』の『男伊達と不動明』の色付け作業に加えて、『写真39』から『写真58』は、昨日行われていた『に組』囃子方の岸壁での練習風景を撮影した映像を掲載してみました。
 残念ながら、私の時間的な都合で、30分ほどしか撮影ができなかったため、『に組』の囃子方に関しては、本番でのねぶた運行時に、じっくりたっぷり撮影したいと考えているので、御了承下さい。
 また本日は、既に『アスパム』などに置かれている『ねぶた運行図』より抜粋した、『大型ねぶた』の日付別の『運行予定表』を記載してみた。
 これを見ると、今年、北村隆氏が制作している『青森山田学園』『ヤマト運輸』『に組・東芝』の三台の大型ねぶたは、揃って三日からの出陣となっていることが解る。ということで、二日の夜は、今年、三度に渡って囃子方の撮影をさせて頂いた『マルハニチロ侫武多会』と、同じく囃子方の撮影を許可して頂いた『菱友会』をメインに撮影する予定を今から立てている。
撮影日/平成21年7月12日
Picture Date
July 12, 2009



2009年青森ねぶたの『大型ねぶた』
の日付別運行表もご覧下さい!



 二日の夜は、『菱友会』が、『C地点』である柳町通りからアスパム通りまでの、紅屋・みずほ銀行前付近から出発するために、道幅が狭く、自由に行動できないと予測している。そこで、『D地点』である県警本部前付近のアスパム通りから出発する『マルハニチロ侫武多会』の撮影を最優先とした方が、道幅もあり動きやすく、時計回りにやってくるねぶたを撮影するには、都合がよい。また『マルハニチロ侫武多会』の三つ後ろの国道(E地点)には、常に高評価を受けている『日立連合』のねぶたも揃うために、更に好都合なのだ。今年は、昨年のようにすべての団体の大型ねぶたを撮影するということは不可能と予測されるため、狙ったねぶたの出発位置と順番を、できるだけ早く知り、当日の撮影行動をイメージするのも、カメラマンとしては大切なトレーニングだと感じてる。
 そして三日の夜は、『B地点』から出発する『ヤマト運輸』と、『C地点』から出発する『に組』は、時計回りに巡ってくるのを待って撮影し、一番最初は、前日、『マルハニチロ侫武多会』が出発したほぼ同じ場所から行進を始める『青森山田学園』から撮影するのが好ましいとも思えた。
 問題は、各賞が発表された後の6日の配置に関してである。なんと『ねぶた大賞』最有力候補の『青森山田学園』が、道幅の狭い『B地点』からの出発というのが難題である。続くねぶたを撮影するためには、同じ場所で撮影をし続けることが好ましいが、これまで十年間、ねぶたの撮影してきた私の経験上からも、この『B地点』では、決して良い写真が撮れない。
  となると、 『青森山田学園』の動きに合わせ、一度国道まで出てから、そこを定点にして、時計回りでやってくるねぶたを撮るのが良いとも考えられるが、それでは『青森山田学園』のすぐ前に位置する『に組・東芝』が、360°巡って来てくれるとは限らない。過去にも運行路を一周せずにその日の行進を終えたねぶたが数多くある。国道まで出たら、走って、今年は何らかの賞を受賞している筈の(昨年は総合の六位だったために、その可能性は高い)『に組・東芝』に追い付き、じっくり撮影してから、そこを定点にして巡ってくるねぶたを撮影し続けるのがベストだろう・・・。
 そうなると、『F地点』から出発し、6日には大きく隊列を崩し、観客の目の前で派手な囃子を奏でてくれる『日立連合』のねぶたを撮影することができない可能性が高い・・・。なんとしてでも欲しい映像なのだ・・・。『に組・東芝』を撮影した後には、すぐさま『旧税務署通り』をショートカットし、『B地点』まで戻り、『日立連合』を待つとするか・・・。いや、それでは、何らかの賞を貰っている筈の『JRねぶた』を逃す可能性も高い・・・!
 くぅ〜!どう行動するかを、今から綿密に考えねばなるまい・・・。
 このように、ねぶたを撮影するには、それなりの知識と経験、そして体力が必要となってくるのである。
「そこまでして撮影しているの?」と感じる方も居るだろうが、このような最低限度の心の準備もしないで、行き当たりばったりで撮影していたのでは、決して面白い映像は撮れないのだ。

 因みに、『青森ねぶた』を今年初めて観たいという方は、大型ねぶたが総て出陣する6日に来られることをお勧めします。当日の夜のみ、『ねぶた大賞』の金看板を付けた今年の最高位のねぶたの雄姿も、目にすることができる筈ですから。
 以下が、『大型ねぶた日付別運行表』なので、皆さんも撮影の参考にされたし。

 
【大型ねぶた日付別『運行表』】
     
※ 運行開始場所の『A』は、平和公園通りから旧税務署通りの、ホテルグランパレス青森・ハイパーホテル前付近を指し、『B』は、旧税務署通りから、柳町通りまでの、長内歯科・正覚寺前付近を指し、『C』は、柳町通りからアスパム通りまでの、紅屋・みずほ銀行前付近を、『D』は、県警本部前付近のアスパム通りを、『E』は国道七号線に入り、県庁前から柳町通りを、『F』は柳町通りから旧税務署通りまでを、それぞれ指します。
     
8月2日(日)大型ねぶた14台・凱旋太鼓が出陣

 
青森市PTA連合会
 
あおもり市民ねぶた実行委員会
 
県庁ねぶた実行委員会

 
青森県板金工業組合
 
パナソニックねぶた会
 
(社)青森青年会議所

 
NTTグループねぶた
 
ねぶた愛好会
 
青森菱友会

 
マルハニチロ侫武多会
 
青森自衛隊ねぶた協賛会

 
東北電力ねぶた愛好会
 
日立連合ねぶた委員会
 
私たちのねぶた自主製作実行委員会

     
8月3日(月)大型ねぶた17台・凱旋太鼓が出陣

 
青森市PTA連合会
 
JRねぶた実行プロジェクト
 
パナソニックねぶた会

 
県庁ねぶた実行委員会
 
あおもり市民ねぶた実行委員会
 
青森自衛隊ねぶた協賛会
 
ヤマト運輸ねぶた実行委員会

 
私たちのねぶた自主製作実行委員会
 
に組・東芝
 
消防第二分団ねぶた会・アサヒビール
 
青森市役所ねぶた実行委員会

 
青森菱友会
 
サンロード青森
 
青森山田学園

 
日本通運ねぶた実行委員会
 
マルハニチロ侫武多会
 
ねぶた愛好会

     
8月4日(火)大型ねぶた17台・出世大太鼓が出陣

 
青森市PTA連合会
 
日立連合ねぶた委員会
 
JRねぶた実行プロジェクト

 
に組・東芝
 
(社)青森青年会議所
 
ヤマト運輸ねぶた実行委員会

 
サンロード青森
 
あおもり市民ねぶた実行委員会
 
消防第二分団ねぶた会・アサヒビール

 
青森県板金工業組合
 
東北電力ねぶた愛好会

 
日本通運ねぶた実行委員会
 
青森山田学園
 
NTTグループねぶた

 
青森自衛隊ねぶた協賛会
 
青森市役所ねぶた実行委員会
 
私たちのねぶた自主製作実行委員会

     
8月5日(水)大型ねぶた21台・出世大太鼓が出陣

 
青森菱友会
 
マルハニチロ侫武多会
 
県庁ねぶた実行委員会
 
パナソニックねぶた会

 
に組・東芝
 
NTTグループねぶた
 
消防第二分団ねぶた会・アサヒビール
 
JRねぶた実行プロジェクト

 
ねぶた愛好会
 
青森自衛隊ねぶた協賛会
 
私たちのねぶた自主製作実行委員会
 
東北電力ねぶた愛好会

 
(社)青森青年会議所
 
日本通運ねぶた実行委員会
 
あおもり市民ねぶた実行委員会

 
サンロード青森
 
青森市役所ねぶた実行委員会
 
青森県板金工業組合

 
日立連合ねぶた委員会
 
ヤマト運輸ねぶた実行委員会
 
青森山田学園

     
8月6日(木)大型ねぶた22台が出陣(夜の路上運行の最終日)

 
(社)青森青年会議所
 
東北電力ねぶた愛好会
 
マルハニチロ侫武多会
 
パナソニックねぶた会

 
青森菱友会
 
青森県板金工業組合
 
に組・東芝
 
青森山田学園

 
あおもり市民ねぶた実行委員会
 
青森市役所ねぶた実行委員会
 
NTTグループねぶた
 
JRねぶた実行プロジェクト

 
消防第二分団ねぶた会・アサヒビール
 
ねぶた愛好会
 
私たちのねぶた自主製作実行委員会

 
青森自衛隊ねぶた協賛会
 
県庁ねぶた実行委員会
 
日本通運ねぶた実行委員会
 
ヤマト運輸ねぶた実行委員会

 
日立連合ねぶた委員会
 
サンロード青森
 
青森市PTA連合会

     
8月7日(金)大型ねぶた16台(昼の運行)
※ 各賞を受賞した団体が海上運行に参加するため、出陣団体が変わる
可能性があります。例えば『JRねぶた実行プロジェクト』など・・・

順不同
 
サンロード青森
 
青森県板金工業組合
 
ねぶた愛好会
 
ヤマト運輸ねぶた実行委員会
 
日本通運ねぶた実行委員会
 
マルハニチロ侫武多会
 
青森菱友会
 
あおもり市民ねぶた実行委員会
 
青森市役所ねぶた実行委員会
 
青森山田学園
 
NTTグループねぶた
 
に組・東芝
 
東北電力ねぶた愛好会
 
日立連合ねぶた委員会
 
私たちのねぶた自主製作実行委員会
 
(社)青森青年会議所

     

写真2 昨日は、不動明王の服に、緑の地色が入った。
写真3
写真4
写真5 使い終わったら、ペットボトルに入れて保存しておく。
写真6 本日は、小さなお客さんがねぶた?を作っておりました。
写真7 蝋を塗っている小さなねぶた師?
写真8 緑に続き、紫色を火消しの男の服に塗るアシスタントの藤井さん。
写真9
写真10
写真11
写真12 手の届かない場所には、竹棒を使ってこのように塗るのです。
写真13
写真14
写真15
写真16
写真17
写真18
写真19
写真20
写真21
写真22
写真23
写真24
写真25
写真26
写真27 火消しの男の草鞋の書き割りをしている北村氏。
写真28
写真29
写真30 こっちも色付けが始まった。
写真31 こうして、ひと月以上も早く、夏休みの宿題が完成しました!?
写真32
写真33
写真34
写真35
写真36
写真37
写真38 送りねぶたの『八百屋お七』に色が入る日も近い。

 
以下の映像は、昨日(7月12日)撮影した『に組』囃子方の練習風景です!
 
写真39
写真40
写真41
写真42
写真43
写真44
写真45
写真46
写真47
写真48
写真49
写真50
写真51
写真52
写真53
写真54
写真55
写真56
写真57
写真58
 
 
 
 
使用カメラ
撮影カメラ
EOS 5D MarkU×2