青森ねぶた2009 Vol.24  〜 シリーズ 昨日[5月20日]のねぶた小屋 vol.17 〜 [一挙56枚掲載!]
写真1
撮影日/平成21年5月20日
Picture Date
May 20, 2009


昨日の『北村隆ねぶた』の
進捗状況です!

  18日から始まった『青森山田学園』の紙貼りも昨日で三日目を迎え、初日は二十人近かった紙貼りさんたちも、自分の都合の良い日と時間を選んで仕事をしているようで、参加人数もぐっと減った。その分、カメラマンの私もたむろしやすくなり、自由に撮影できる時間もスペースも増え、本日の写真群に至ったという訳である。紙貼りさんだけの写真だけで、本日は一挙に30枚もアップしたので、最後までご鑑賞下さい。
  一方、『ヤマト運輸』の『白梅』の製作も順調で、本日は向かって左に位置する豫譲(よじょう)に踏まれる趙襄子(ちょうじょうし)の家来の上半身などが、新たに付け加えられた。
  本日のトップの映像は、『青森山田学園』のねぶたに紙貼りをする、女優の松雪泰子さん似
の新保さんのスナップショットである。(こんなことを書いたら、新保さん自身に、叱られるかも知れませんが・・・)
  毎年、ねぶた製作に参加している、彼女たち優秀なスタッフによって、北村隆のねぶたは、また『ねぶた大賞』の三連覇は、支えられていたのである。

写真2 豫譲(よじょう)に踏まれる趙襄子(ちょうじょうし)の家来の上半身の取り付けに入る、北村氏とスタッフ。
写真3 一番右に居るのが、夫婦、そして親子共に北村ねぶたの製作に参加しているベテランの和田さんだ。
写真4 いよいよ本体への取り付けだ。
写真5 趙襄子(ちょうじょうし)の帽子の紐には、焼いて折り曲げた竹が使われている。

写真6 馬の手綱にも竹が入る。昔は竹でねぶたを作っていたのだが、50年もねぶた作り
をしている北村氏にとっては、至極当然の使用ということになるのかも知れない。

写真7 紙貼りが終わり、帰宅前に『白梅』の製作の様子を全員で鑑賞し、談笑する様子。
写真8 趙襄子(ちょうじょうし)の髪の取り付け具合を調整する藤井さん。
写真9
写真10 今度は趙襄子(ちょうじょうし)の剣を握る右手の調整に入った。
写真11 常に全体を監視し、指示を出す北村氏。
写真12 剣の取り付け位置を調整している様子。数センチ単位での移動は、日常茶飯事だ。
写真13 日が沈み、水銀灯の明かりが強くなった小屋の中で、剣を取り巻く炎の取り付けをしている様子。
写真14 
写真15 炎も取り付ける位置や角度を、ミリやセンチ単位で訂正してゆく北村氏。
写真16 この炎の調整で、本日の作業を終えた。
上・写真17 一方、『青森山田学園』の小屋では・・・。この黄鬼の電球群が、写真51では、
どう輝いているのかをお楽しみに・・・ ↓
/ 下・写真18 紙貼りしやすいように、足場は常に女性たちの手により移動される。
写真19 「これなら、新しい箇所に貼れるかな・・・」
写真20 トップ映像に登場した新保さんの別ショット。
写真21
写真22
写真23
写真24
写真25
写真26
写真27
写真28
写真29 夫婦でねぶた製作に参加している和田さんも、常に真剣な表情で作業を黙々と熟している。
写真30 ブラシでボンドを付けて・・・
写真31 貼る箇所の大きさに切った紙を、貼り付けて指先で慣らす。
写真32 のりしろを残してカッターやハサミで切る。
写真33 和田さんのお嬢さんも、常に雑念がないアーティストそのものの表情だ。
写真34
写真35
写真36
写真37
写真38 北村氏の奥さんも、真剣そのもの。カメラがあることなど、誰も気にする人間がいないのだ。
写真39 北村氏のお嬢さん(麻子さん)も、父と同様に、芸術家の視線に変わっている。
写真40
写真41
写真42
写真43
写真44
写真45
写真46 ちょっと気に入らなかったかな・・・??
写真47 午後八時。辺りが暗くなったら、電気配線を担当する長尾さんの試験点灯が始まる。
写真48 点灯しない電球は、実は可成りある。それを一個一個取り替えてゆく長尾さん。
写真49 予備の電球は、40ワット、30ワット、20ワットと整理されて箱詰めされている。
光が当たっていない薄暗い場所でもこの映像の明るさ!ISO6400でもノイズが極端に少ない、『EOS 5D MarkU』だからこそ撮影できた1枚である。
写真50 素人の私には勿論できないのだが、長尾さんは、一瞬の内に電球の不具合を見抜き、的確に動いていた。
写真51 写真17に掲載した黄鬼の電球は、ご覧の通りに輝いていた。
写真52 既に生産が中止となった裸電球は、メーカーの在庫も残り少ない。来年からは、別の電球が付くねぶたも多いらしい。
写真53 天井にけ上げた鬼の足にも電球が入った。
写真54 紙が貼ってある場所はご覧の通り。ねぶたらしさが出て来ていた。
写真55 お経部分の蛍光灯の最終チェックするもする長尾さん。裸電球とは違い、強い光を放っていた。
写真56 この電球が、どう青鬼に変わるのかが楽しみである。
 
 
 
 
使用カメラ
撮影カメラ
EOS 5D MarkU