さくら サクラ 桜 2009 Vol.10 - 弘前公園の桜 vol.3 -  〜 雨模様の空の下 〜
  一昨日の花曇りから、昨日はついに雲が泣き出してしまった。
  都内でも激しい雨が降ったという昨日は、関東以北の東北地方全体が、雨の一日となった。
  それでも弘前の場合は、午後の三時頃から雨が上がり、時折日差しもあり、写真14〜18のような映像も撮ることができた。
  弘前公園の染井吉野は、市役所前などの開花が最も早かった外壕の並木は、既に満開の頂点に達し、本日(22日)の雨で散り始めると思われる。
  平日でしかも雨ということもあり、園内は例年のゴールデンウィークとは比べものにならないほどに閑散としており、撮影する側としては、要所要所で撮影待ちをすることもなく、スムーズにシャッターを押すことができた。
  雨の日には雨の日なりの桜の撮り方があるのだが、写真1に掲載した花弁の雨滴の写真も、そんな雨の日でなければ撮影できない独特の映像である。 
撮影日/平成21年4月21日
Picture Date
April, 21 2009
雨もまた楽し

  雨が降っていた頃は、多少の風もあり、滴にピントを合わせるのは至難の業であった。撮影直後は失敗かに思えた『写真1』も、こうして眺めてみると、風に揺れる滴の動きに味わいが感じられる。
  昨日は、このような雨の映像を存分に撮影してきたので、機会があれば、是非アップしたいと思う。
  本日掲載した映像は、すべて昨日の21日に弘前公園にて撮影したものであり、これから花見に訪れようとする方の参考にして貰えればと思う。
  ただし、満開の桜を観るならば、今週末が最後であり、ゴールデンウィークの29日の祝日までは、ソメイヨシノの花弁が持ちこたえるということは、雪が降るような寒波が来ない限りは、まずないように感じる。


写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9 19日に撮影した写真6と同じ場所で撮影。二日経った現在では、ご覧の通り。
写真10
写真11
写真12 この写真を撮った頃から雨は上がり、日が射すようになってきた。
写真13
写真14
写真15
写真16
写真17
写真18
 
 
 
使用カメラ
撮影カメラ
EOS Kiss X2 (EOS 450D)