激しい腰痛の中、やっと撮ったゼ! 青森ねぶた祭 5 〜ねぶた大賞5〜 威風堂々な彼氏!
写真1 7時10分の出発前に、威勢よく「ラッセラー!」の気合いを入れる囃子方。
撮影日/平成19年8月6日
Picture Date
August, 6 2007
動き出した『ねぶた大賞』!
 
 さて、『ねぶた大賞』受賞ねぶたを特集したページも、本日で最後となる。いつもの年ならば、この五倍ものスナップショットを所有し、その中から厳選して掲載している筈なのだが、私が夜の『青森ねぶた』を撮影できたのは、8月6日の一晩だけであるため、満足のゆく写真はその量も含め、殆ど撮り貯めることができなかった。
  毎年のねぶた写真の場合、撮影し始めてからの一日二日は、撮影のタイミングを計ったり、日頃扱い慣れていないストロボ撮影に慣れるための時間と考えているいるのだが、その練習期間は今回の場合は全く存在せず、撮影のミスばかりが目立ってしまった。
  例えば本日掲載した写真3は、ストロボの光量が明らかに強く、白飛び寸前である。このように被写体によって発光量が違ってくるデリケートなストロボを、まるで荒くれ馬を乗りこなすカーボーイのように、こまめな手綱さばきとも言うべき調整で補正してやらなければならないのだが、その時間的余裕が一切なかった。
  さらに例えて言えば、昨年のねぶたの写真は、8月14日の【写真1】を除いて、すべてノントリミング写真である。つまり、撮影したままの映像を、どこを切り取る訳でもなく、そのままサイズ縮小しアップしている。
 最近の私の写真は、トリミングを必要としないことが、また自慢でもあった。穿った言い方をすれば、『撮影時に既に、ファインダー内でトリミングを終えている』のが私の撮影手法でもある。しかし、今年はその心の余裕がなかった。囃子方の動きがに足が付いて行けずに、フレームから出てしまう写真が、数多くあった。おまけに、『ねぶた大賞』の他に、『運行・跳人賞』を受賞した、『青森山田学園』のそのすばらしい跳人の姿を、今年は一枚も撮影することができなかったことも無念である。
 この写真だけを改めて眺めても、万全な体調でねぶたを撮影したかったという想いだけが強く残っている。私の持ち味である、好戦的で挑戦的な、静止画でありながら動画的な映像が、殆ど撮れていないのである。

 今年は、自由に動けないだけに、一眼レフと同時に携帯していたコンパクトデジタルカメラ『IXY-DIGITAL1000』による動画の撮影を試みたりもしている。
 以下のURLにアクセスすると、同デジカメの『1024×768サイズ』で撮影した、パソコンのディスプレイには入りきらないほどにでかい16秒の『ねぶた大賞』受賞ねぶたの動画を観ることができる。だが、ファイルサイズが29,1MBもあり、この動画をダウンロードして御覧頂くには、下りが最大100MbpsのBフレッツ光で、10秒〜25秒程度の時間がかかり、ADSL等では難しいかも知れない・・・。
 まさに、『威風堂々な彼氏!』なのだ!(韓流ドラマ『威風堂々な彼女』のもじりです。レアでごめんなさい・・・(^^;) )
 この動画の下方を注視して貰いたい。昨年、撮影に力を入れた扇子持ちと呼ばれる人間が、どのような指示を出し、ねぶたが回転を始めるかが窺える。(

11movie.html(ねぶたの動画) ■この動画は、『インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer)』以外では、閲覧できませんので、御了承下さい。

 さて、昨日のページにも書いたが、愚かな盗作者たちの横行によって、今年の写真は簡易コピーができないように加工している。が、個人的に写真が欲しい人のために、これまでのJPEG形式でアップしたページも特別に用意している。
  上記のURLにアクセスして頂き、右下にある『Photo Password』の文字をクリックすると、『パスワードを入力して下さい』とのダイアログが出て来る。そこに正確な文字を打ち込むと、ページにリンクできるようになっているが、パスワードが間違って入力されると、私のサイトのTOPページに飛び、写真が置いてあるページにはリンクできない。この機能は、『ホームページビルダーV11』に掲載されているもので、普通のパスワードのように完璧にページを隠すことはできないが、盗作者から写真を守るには、十二分な機能とも言える。一度アクセスし、ULRを覚えてしまうと、その後のパスワード入力は必要ない。
  このパスワードをお知りになりたい方は、御足労でも、私に直接メールでご連絡頂きたいと思う。(hotmail等は不可)小冊子やパンフレットやチラシ、並びにウェブに掲載したり、素材等として利用するなど、二次使用しない限りは、個人で所持したり印刷することに関しては許可したいと思う。(その他、使用に関して御不審な点があれば、御連絡下さい)
  とにかく、今年のねぶた写真は少なく、本当に下手な映像ばかりが残っている。
  それゆえ、リベンジへの想いが日に日に強くなっているのも事実なのだ・・・!!


写真2 『ねぶた大賞』ねぶたがいよいよ動き出した!
写真3 手振鉦(てぶりがね)を打ち鳴らし、ねぶたを盛り上げる!
写真4 ねぶたが扇子持ちの合図と共に、勢いよく回転する! 
写真5 ラッセラーの声は、太鼓にも負けていない!
写真6 観客席にも迫るねぶた。
写真7 客席も『ねぶた大賞』受賞ねぶたの登場に、盛大に盛り上がる。
写真8 突進するねぶたの勇士。
 
使用機材
撮影カメラ
EOS-1D
使用レンズ
EF16-35mm/EF15mmFisheye
スピードライト550EX/トランジスターパックE(Ni-Cd)
使用ソフト
レタッチソフト
Photoshop CS3 EXTENDED+Photoshop Lightroom 1.0(データ管理・抽出)
ロゴ製作ソフト
Illustrator CS3
WEB製作ソフト
Dreamweaver CS3
文章作成ソフト
一太郎2007+ATOKプレミア