雅な津軽の夏 ねぷた/ねぶた祭の頃 10 〜青森ねぶた祭 6〜 〔12枚〕
 四回に渡ってお送りした『ねぶた大賞』シリーズも、本日の五回目が最終章となった。今日は、ねぶたの運行から、『ラッセランド(ねぶた制作小屋)』に帰還するまでのスナップ映像を一挙十二枚ほどアップしてみた。
『青森ねぶた』の祭り期間中、合同運行が実施される沿道や七日日(なぬかび)に行われる海上運行での人手は、合わせて三百万人近い。他府県や海外から、初めて『青森ねぶた』を観に訪れた人のために、『JR青森駅』前には特設の観光案内所が設けられ、様々なパンフレットが自由に入手できる。その中には、県内市内の名所を詳細に記した地図や、ねぶたの運行ルート、その日その日の各ねぶたの配置表や、出陣する全22台の大型ねぶたの詳細までが掲載された小冊子が配られている。ねぶた撮影には、常に弘前からの列車を使い青森入りしている私にしてみれば、労せず金も払わずに駅前で手に入るこれらの情報は、後にウェブに写真を掲載する上でもとても参考になり、ありがたい。
撮影日/平成17年8月6日
Picture Date
August, 6th, 2005

ねぶた大賞特集 5

 中でも上記した『各ねぶたの配置表』は、今日はどこにどのねぶたが待機し、運行し始めるのかを知る上で、とても役立つ情報である。広い運行コース上では、人混みもあって、なかなか目当てのねぶたを探すことは難しいのだが、この地図があるお陰で、青森入りしてすぐに本日の撮影プランを立てやすいのだ。
  繁華街はねぶた一色に染まり、普段は比較的静かな北国の街が、この期間ばかりは盛夏の海水浴場のような賑わいと、心躍る暑さが混在し、観光客を迎えてくれる。弘前に生まれ育った私としては誠に忸怩たる思いがあるが、この雰囲気は、弘前では殆ど感じられない。なぜにこれほどまでに似たような祭に大差を感じるのかと考えてみると、勿論祭に対する“魅せる姿勢”も大きく異なるのだが、一つには青森市という湊ならではの潮(うしお)の香りと波頭の高鳴りを、この祭が孕んでいるためかも知れないとも思う。
  藩政時代より、海運によって貿易を続けてきたこの街は、異境からの移住者を受け入れ、そして蝦夷という巨大な土壌を本州との交易で結び育んできた。以前から書いているが、私はその点でも、青森市はどこか大阪にも似ているとも感じている。店員の客への接し方も、どこかさばさばした所があり、それでいてしっかりと商売に集中している点も、人が良く無口な津軽人というよりは、上方の人扱いの巧さに通じているような気がしないでもない。その点、商売一辺倒ではなく、伝統を固持したまま変えない気質や、夏暑く、冬は寒い城下の気候も、弘前という街は京都に類似している。
  生命の起源が存在した碧海(へきかい)に接する湊での火祭りは、他府県との情が絡みやすい風土と、どこか懐かしく、一度は訪れてみたい『最果ての郷里(いなか)』という情趣や香りを醸し、高名で盛大な波頭という娯楽性さえ兼ね備え、人気を博しているのだろう。

写真1 運行コースの要所要所で回転をするねぶた。その回転速度は、ねぶたによって多少違う。
写真2 撮られることに慣れている人は、こうして笑顔を送ってくれます。
写真3 太鼓を叩く時は、観客の顔も沿道の様子さえ観てられません。ただ楽しい気持ちが残ります。
写真4 『ねぶた大賞』と『最優秀制作者賞』は対(つい)で立つことが常だが、こうして並んでみると、やはり威厳を感じてしまう。
写真5 『囃子賞』も伊達ではありません。賞の名に恥じない伴奏と喉声が自慢なのだ。
写真6 これが『ねぶた大賞』受賞ねぶたの見送り。ねぶたは闇よりも黄昏が似合う。
写真7 カメラを向けても、向けられていなくてもついつい笑顔になる。これがねぶた囃子の心意気だ。
写真8 『ねぶた大賞』を纏った運行は、なんとこの六日日(むいかび)のみの一晩だけ。一夜だけの勇士を、多くの人に観て貰いたいのだ。
写真9 『ねぶた大賞』を貰っての、正に凱旋運行に、笑顔もひとしお綺麗に映える。
写真10 ねぶた制作小屋に帰ってきた『青森菱友会』のねぶた。明日は七日日(なぬかび)、いよいよ海上運行が行われる。
写真11 慎重に慎重にバックし、ねぶたを傷付けないよう小屋に収める。
写真12 ねぶたは運行後、殆どは壊されてしまうが、『ねぶた大賞』を受賞したねぶたの場合は、どこかで生き残る可能性も高い。
 
撮影データ
写真1
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F10 TTL
写真2
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F6.3 TTL
写真3
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F4.5 TTL
写真4
ISO 200 シャッタースピード 1/50秒 絞り値 F3.5 TTL
写真5
ISO 200 シャッタースピード 1/8秒 絞り値 F2.8 TTL
写真6
ISO 200 シャッタースピード 1/50秒 絞り値 F4.0 TTL
写真7
ISO 200 シャッタースピード 1/5秒 絞り値 F9.0 TTL
写真8
ISO 200 シャッタースピード 1/4秒 絞り値 F13 TTL
写真9
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F7.1 TTL
写真10
ISO 200 シャッタースピード 1/25秒 絞り値 F5.0 TTL
写真11
ISO 200 シャッタースピード 1/25秒 絞り値 F5.0 TTL
写真12
ISO 200 シャッタースピード 1/25秒 絞り値 F6.3
撮影カメラ
EOS-1D
使用レンズ
EF16-35mm/EF15mm Fisheye
ストロボ
スピードライト550EX/トランジスターパックE(Ni-Cd)
使用ソフト
レタッチソフト
Photoshop CS(一部CS2を使用)
ロゴ製作ソフト
Illustrator CS/FIREWORKS MX2004
WEB製作ソフト
Dreamweaver MX2004
文章作成ソフト
一太郎2005+ATOK