雅な津軽の夏 ねぷた/ねぶた祭の頃 9 〜青森ねぶた祭 5〜 〔11枚〕
 午後六時五十分。『合同運行開始』を告げる打ち上げ花火の音に、それまで沈黙していた観客が、そしてねぶた参加者一同が、各々拍手を始めた。さあ、いよいよねぶた運行の始まりだ。
  扇子持ちと呼ばれる進行係が、ねぶたを押し牽く“ひき手”と言われる若者達に、最終確認の指示を与える。ねぶた太鼓は一斉に打ち鳴らされ、横笛の音色が後に続く。重さ四トンもある山車は、人形の顔がおもむろに天界を仰ぐが如く、すくっと起きあがった。やがて、扇子持ちが吹く笛の合図と共に、のらりくらりと鈍重にねぶたは前進し始める。
  しかし、一旦動き出してしまえば、山車は華麗に右に左に、時には俊敏に旋回し、観客からやんやの拍手喝采を浴びる。もう言葉はいらないだろう。 『ねぶた大賞』受賞のねぶたの勇士を、参加者の歓喜の演奏と熱気と共に、写真から感じて貰えたらありがたい。
撮影日/平成17年8月6日
Picture Date
August, 6th, 2005

ねぶた大賞特集 4


写真1 扇子持ちが前進を告げると、ねぶたはゆっくりと動き出す。しかし、一旦動いたら、その動きは素早い。
写真2 扇子持ちがねぶたの動きを緩めるように指示している。扇子持ちがひき手ではなく、ねぶたの顔に語りかけているかのようだ。
写真3 子供達も揃いの衣装に身を包み、手振鉦(ジャガラギ)を打ち鳴らす。親の悩みは、同じ衣装を三年と着られないことか。
写真4 ねぶたが観客に向けられ、沿道から拍手が湧く。ひき手にとっても、至極の時である。
写真5 広角レンズを付けているためだろうが、路上に止まって撮影していると、ねぶたは凄く速く感じる。露光間ズームで撮影。
写真6 大人が心から楽しめる祭、それが青森ねぶたの魅力でもある。
【写真6】 キャプションで物足りなくなって突如追記するが、『青森ねぶた』では、どのような年齢になっても、跳んで跳ねて、心から楽しむ姿勢があちこちで見受けられるし、またそれが絵になってしまうから面白い。逆に、むっつりと押し黙り、参加していようものなら、周りからも「跳ねろ!」と野次が飛ぶ。『弘前ねぷた』で同じことをやったら、「あの人、テンション高いね」とどこか冷ややかに観られてしまうのが落ちである。青森が『凱旋ねぶた』で、一方の弘前が『出陣ねぷた』だから厳かでなければならないという風潮があるためかも知れないが、大人が本気で楽しめない祭は大きくはなれないし、生き残っても行けないような気がする。その昔、『弘前ねぷた』は、ねぷた同士が喧嘩し壊し合う、それこそ“大の大人”の危険な娯楽として、その名をはせていた。昨年、観客動員数で、『弘前ねぷた』が『五所川原ねぷた』に抜かれてしまったのも、客に魅せることを疎かにしてきた市政の怠慢だと私は考える。 市街地の道路拡張にお金を掛ける余裕があるのならば、街の伝統芸能発展と観光客誘致のために、『弘前ねぷた』で更に稼ぐことを念頭に置いた都市設計ができなかったものだろうかと残念でならない。人口六万の五所川原市にできて、その三倍近い十七万の弘前市にできないとは、何ともおかしなものである。
写真7 山車が回り、黄昏の空間は一瞬極彩色の光彩で満たされる。
写真8 秋田美人ほどに有名ではないが、秋田に隣接する津軽にも美人は多い。
この子の場合は、津軽美少女でした。将来のミスねぶた候補ですね。
写真9 ねぶたの動きは速いため、進行路に立っていてはなかなか近づけない。
写真10 『ラッセラーラッセラー』の掛け声は、「ほら、踊れ!楽しめ!」と言っているようなもの。
写真11 闇の中で照り輝く本来のねぶたの姿。昔から比べれば、随分と芸術的にも完成された面持ちと、威厳を放っているとも感じる。
1/25のシャッター速度のため(下表参照)、息を殺し、身体を硬直させて撮影した。
 
撮影データ
写真1
ISO 200 シャッタースピード 1/20秒 絞り値 F5.0 TTL
写真2
ISO 200 シャッタースピード 1/30秒 絞り値 F6.3 TTL
写真3
ISO 200 シャッタースピード 1/5秒 絞り値 F3.5 TTL
写真4
ISO 200 シャッタースピード 1/20秒 絞り値 F5.0 TTL
写真5
ISO 200 シャッタースピード 1/50秒 絞り値 F3.5 TTL
写真6
ISO 200 シャッタースピード 1/30秒 絞り値 F6.3 TTL
写真7
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F10 TTL
写真8
ISO 200 シャッタースピード 1/5秒 絞り値 F3.5 TTL
写真9
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F2.8 TTL
写真10
ISO 200 シャッタースピード 1/6秒 絞り値 F6.4 TTL
写真11
ISO 200 シャッタースピード 1/25秒 絞り値 F4.5
撮影カメラ
EOS-1D
使用レンズ
EF16-35mm/EF35-350mm/EF15mm Fisheye
ストロボ
スピードライト550EX/トランジスターパックE(Ni-Cd)
使用ソフト
レタッチソフト
Photoshop CS(一部CS2を使用)
ロゴ製作ソフト
Illustrator CS/FIREWORKS MX2004
WEB製作ソフト
Dreamweaver MX2004
文章作成ソフト
一太郎2005+ATOK