雅な津軽の夏 ねぷた/ねぶた祭の頃 8 〜青森ねぶた祭 4〜 〔9枚〕
  一昨日、昨日と特集した『ねぶた大賞』も今日でPartVとなった。
  本日お届けするのは、ラッセランドを出発した『ねぶた大賞』受賞のねぶたが、運行コースへ(以下の本文参照)と向かい、どこの団体も恒例となっている六日日(むいかび)での山車を前にした記念写真撮影(写真3〜5)を終え、いよいよ運行スタートの合図ともなる打ち上げ花火を待っている状態までの九枚の写真である。
  勿論、実際の運行の様子も、明日以降の特集としてお見せしたいが、何しろ可成りの枚数を、この『ねぶた大賞』を受賞した『青森菱友会』による『小笠原湖伝説 道忠幻生』の撮影に費やしてしまったために、在庫が山積みとなってしまった。
  まあ、ちびちび小出しに見せるのも、私の以前からの常套手段なのであるが・・・(^^;)
撮影日/平成17年8月6日
Picture Date
August, 6th, 2005

ねぶた大賞特集 3

写真1 夕陽を浴びて出陣する『青森菱友会』の青森ねぶた。いかにも金色(こんじき)の荘厳さを感じる。
 五年ほど前から、ねぶたの運行方法が大きく変わった。それは、カラス跳人(新聞等では『カラス族』)と呼ばれる若者達の排除が目的であったのだが、その名の通り、黒い暴走族の特攻服にも似た独特の衣装(黒半被や黒T、黒ランニング、中には晒を巻いただけの裸や、上半身はブラジャーのみで、下はドレス風の華やかなスカート姿の女性も多かった。所謂異衣装姿の参加者の総称)を身に纏った彼ら彼女らは、奇抜な踊りでねぶたの進行や運行を大きく阻止し遅延させたばかりか、進行に関係のない笛や奇声、中には花火まで打ち上げて騒ぎ、毎年のように内輪揉めや観光客との間で傷害事件まで起こし、県内では大きな社会問題として取り上げられていた。
『ねぶた祭』の場合、その規模から、毎年のように開催が全国ニュースで報じられるのだが、祭り期間中はねぶたそのものではなく、カラス跳人が引き起こした傷害事件を、『過激な青森ねぶた祭』として強面(こわもて)に喧伝された一時期もあった。
  期間中、三百万もの観光客が訪れるという『ねぶた祭』は、観光客目当ての商売をする人々にとっても、また『ねぶた』に一方ならぬ愛着を抱いている青森県人にとっても、一大事であったのは言うまでもないだろう。実際問題として、青森市はこの醜聞を解決するために、二つの荒療治を敢行した。一つが『カラス跳人』の行動を取り締まるための『青森県迷惑防止条例』の制定であり、もう一つが、これまでの運行方法を改め、市内に楕円形の運行コースを設け、そのコース上に前もって等間隔でねぶたを配置し、運行開始の合図ともなる打ち上げ花火と共に、一斉に時計回りに動き出すという、カラス跳人を進入させないための、今日の運行方法である。写真9は、午後六時五十分の運行開始の花火を待つ、ねぶたの様子である。
  処方箋というよりは、手術とも言えるこの二つの治療によって、運行中盤から各々勝手にねぶたに参加し始めていたカラス跳人は、参加するタイミングを失い、条例を盾とした警官の監視もあって、その数は激減した。青森県警の発表では、全盛期には一万人以上に達したカラス跳人の数が、今年は三百八十人を確認しただけとなっているが、私も三晩の撮影で、彼らを集団で目撃したのは三度だけであった。いずれの場合も、カラス族の周りには数多くの警察官が張り込んでおり、これでは容易に問題を起こせる状態ではないだろうとも推察される。また、昨年までは、警官を前に大声で怒鳴り、お互い顔を近づけ睨み合う俗に言う眼飛ばし(がんとばし)をしている光景を目にすることはあったが、今年は一切目撃していない。
  日本一の火祭りは、こうした諸処のトラブルを解決し、法と秩序を遵守する、多くのスタッフによって支えられているのである。

写真2 ゴーストやフレアなんて関係ありません。この勇士は眩い輝きの中でこそ、進軍を続けなければなりません。それを撮るのが私の使命です。
写真3 六日日(むいかび)には、どこのねぶたの前でも、こういった記念撮影が繰り広げられているのですが、今年の菱友会はまた楽しそう!
写真4 三賞を並べての撮影は、これからは一生ないかも・・・。ということになれば、自ずととっておきの表情になります。
写真5 『囃子賞』の看板も出てきて、これで四賞揃い踏み。
写真6 夕景の空には既に秋の気配を感じさせる薄雲。誰一人ねぶたの前に居ない状態で、ねぶたはひっそりと出陣を待つ。
写真8 『やったぜ!ねぶた大賞は俺たちのもんよ!』 お決まりの露光間ズーム。
写真9 風景も黄昏れて、さあ、いよいよ出陣の時だ!運行の開始は、打ち上げ花火にて全ねぶたに伝えられる。
 
撮影データ
写真1
ISO 200 シャッタースピード 1/250秒 絞り値 F8 TTL
写真2
ISO 200 シャッタースピード 1/100秒 絞り値 F7.1 TTL
写真3
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F3.5 TTL
写真4
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F3.2 TTL
写真5
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F4.0 TTL
写真6
ISO 200 シャッタースピード 1/30秒 絞り値 F6.3
写真7
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F4.0
写真8
ISO 200 シャッタースピード 1/60秒 絞り値 F4.5
写真9
ISO 200 シャッタースピード 1/30秒 絞り値 F7.1
撮影カメラ
EOS-1D
使用レンズ
EF16-35mm/EF35-350mm/EF15mm Fisheye
ストロボ
スピードライト550EX/トランジスターパックE(Ni-Cd)
使用ソフト
レタッチソフト
Photoshop CS(一部CS2を使用)
ロゴ製作ソフト
Illustrator CS/FIREWORKS MX2004
WEB製作ソフト
Dreamweaver MX2004
文章作成ソフト
一太郎2005+ATOK