※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
本日【2003年8月12日(火曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【津軽の発情期!ねぷた・ねぶた祭 10/七日日運行のねぶた17台 PART2】
 
 
  本日は8枚の写真を掲載いたしました。


  昨日と同じく、七日日の昼間運行を撮影した映像の第二弾を本日はお届けしたい。

  この七日日の運行に関しては、各賞を受賞したねぶたが先頭を切って行進を始めた。
  というのも、この昼間運行が終われば、午後七時から舞台を海上に移しての、6日間続いた『ねぶた祭』最後の夜間運行が待っており、その準備のために、ねぶたを船に設える作業を行わねばならず、できるだけ早く昼間のパレードを終えねばならないためらしい。

  しかも海上運航に備えてか、それとも賞を貰ったことにより、『ねぶたの里』などの博物館での展示が予想されているのか、ねぶたは大切に扱われ、どれもみなビニール袋を被ったままの昼間運行となってしまった。
  夜間でもストロボを使用すると、このビニール袋に光が反射してなかなか綺麗には撮れないねぶただが、昼も陽光がビニールに照り返し、写真としては見栄えの良いものには写ってくれない。
  昨年も雨に見舞われ、ビニールを被ったまま運行された経緯があるだけに、二年連続で撮影する私としても、とても残念であった。

〔本日の写真は青森県青森市内にて撮影〕

撮影日〔2003年8月7日〕

※ 使用機材 Canon EOS-1D×2/FE16mm-35mm/FE35mm-350mm/スピードライト550EX×2/トランジスターパックE(Ni-Cd)

キヤノンEOS-1Dにて撮影されたRAWファイルを専用ドライバにて現像、『Photoshop』を使いレタッチし、リサイズして(JPEGにて)掲載。

【写真1】 四番目は『青森菱友会』による『志功画伯に捧ぐ 赫不動・青不動
(しこうがはくにささぐ あかふどう・あおふどう)』(作/竹浪比呂央)。
 
【写真2】 これは化け人(ばけと)と呼ばれる仮装した女性。
色っぽいでしょう?
 
【写真3】 五番目は『青森マルハ侫武多会』による
『入雲龍 公孫勝(にゅううんりゅう こうそんしょう)』(作/竹浪比呂央)
 
【写真4】 この方、空中高く跳ね上がり、特に目立っておりました。
 
【写真5】 マルハの方は元気いいですね。景気がいいのかな?
それとも時勢と同じく景気が悪くて、破れかぶれ???
 
【写真6】 OLさんかな?それにしても色白の綺麗な方でした。
 
【写真7】 六番目は『県庁ねぶた実行委員会』の『津軽為信』(作/穐元 鴻生〔あきもと こうせい〕)
 
【写真8】 夜の雑踏よりも、昼の閑散とした中で吹くほうが、笛の上手い下手も音色もよおく解る。
 
 
使用機材
撮影カメラ
Canon EOS 1D