※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
本日【2003年6月22日(日曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【青い森の青の季節(とき) 20/藤田記念庭園の菖蒲 1】
 
 
  本日は7枚の写真を掲載いたしました。


  関東でアジサイや菖蒲が咲くこの時期─
  北国の短い初夏に追いすがろうと、桜ほどに開花がずれる訳でもなく、まるで首都圏と歩調を揃えたように咲き乱れるのが、本日掲載した津軽の菖蒲たちである。

  私がこの花たちを撮影したのは先週の水曜日(18日)のことで、『藤田記念庭園』内の菖蒲は3分の1ほどが満開の状態であったため、おそらく今週末から来週にかけてが見頃のピークを迎えているだろう。
  指折り数えてみれば、桜では一月の開きがある開花時期も、菖蒲の花ともなると一、二週間ほどの遅れしか感じさせない。
  当日は津軽でも珍しい6月の真夏日を記録しており、菖蒲も急ぎ花開いた様子も窺えたが、この後、7月から9月にかけて津軽の短い夏が過ぎ去れば、季節は一気に関東を追い抜き『秋』を迎える。
  そんな北国の“もの哀しさ”を、今が盛りと咲き乱れる花々にも感じてしまい、撮影している私自身も、なんだか切なくなってしまった。

  そう言えば、プロカメラマンの鏡氏が言っていたが、青森や北海道のブナやタラの芽などの山菜は、西日本の物よりも成長が異常に早いとのことだった。
  津軽に咲く菖蒲もまた、関東の物と比べれば、成長が早いのかも知れない・・・。

〔本日の写真は青森県弘前市内にある『藤田記念庭園』にて撮影〕

撮影日〔2003年6月18日〕

※ 撮影したRAWファイルを現像、JPEGに変換し、リサイズにより掲載。

【写真1】
 
【写真2】
 
【写真3】
 
【写真4】
 
【写真5】
 
【写真6】
 
【写真7】
 
 
使用機材
撮影カメラ
Canon EOS-1D
撮影レンズ
写真1と7はEF15mm Fisheye/写真5はFE35mm-350mm
写真2,3,4,6はSIGMA MIRROR 600mm
その他