※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
本日【2003年6月20日(金曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【青い森の青の季節(とき) 18/輝く若葉 3】
 
 
  本日は7枚の写真を掲載いたしました。


  陽射しを浴びて緑色に輝く若葉を撮影した映像の第三弾を本日はお届けします。

  早いもので、私が奥入瀬で若葉を撮影してから既に一月が過ぎてしまった。
  記憶というのは実にいい加減なもので、マイナスイオンが立ち込める渓流沿いを歩いたその光景とすがすがしさだけは今も頭の中にあるのだが、実際に体験したという実感が殆ど消えてしまっている。撮影してきた映像を改めて見ても、もう遥か昔のできごとのように感じられてしまう・・・。
  下世話な話になってしまうが、この快感はセックスのようなものだと思う。
  好きな人と結ばれた切なさと肉体的な心地よさだけは頭に残っているけれど、当時の実感を二度と得ることはできないのと同じと言ってしまった方が妥当だろう。
  両方共に、当事者として体験してみなければ、その体感を写真からも文面からも知ることはできないのだ。
 
  と書いてしまいたいほど、まあそれはすばらしいウォーキングだったと思う。
  普段ならば二時間半から三時間で歩ける道だが、カメラ機材を背負い、被写体を求めていると幾ら時間があっても足りないのだ。
  これまでのシリーズでアップした映像を観た方の中には、「これって相当レタッチしてるんじゃないの!?でなければ、こんな色に葉が輝いているなんて考えられないなあ・・・」とお考えの方もいるだろうが、実際に写真に撮る場合は、+1〜3程度の露出補正はしているものの、できるだけ見た目に近い映像を撮影しようと心がけたつもりである。

  論より証拠、今度は実際にあなたが、この道を歩きそのすばらしさを体験して頂きたいと思う。
  慢性的になってしまった夫婦間の営みよりも、ずっと官能的かも・・・。

〔本日の写真は青森県十和田市にある奥入瀬渓流にて撮影〕

撮影日〔2003年5月20〜23日〕

※ 撮影したRAWファイルを現像、JPEGに変換し、リサイズにより掲載。

【写真1】
 
【写真2】
 
【写真3】
 
【写真4】
 
【写真5】
 
【写真6】
 
【写真7】
 
 
使用機材
撮影カメラ
Canon EOS-1D
撮影レンズ
EF100mm MACRO/FE35mm-350mm
その他
PLフィルター使用