※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
本日【2003年1月13日(月曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【祝!! 成人の日 〜仏滅の良き日に想う〜】
 
 
  本日は8枚の写真を掲載致しました。


  今年、成人式を迎えられる皆々様、本当におめでとうございます。

  生憎、本日は仏滅という6年に一度しか巡ってこない日柄にも迎えられ、皆々様の前途には暗雲漂う未来が待ち受けていると御推察されるだけに、天候だけは本当に晴れの日となった本日の門出が、なんとも恨めしくも思えてしまいます。
  などと言うと『縁起でもない!』と叱られてしまうかも知れませんが、「皆様の前には、前途洋洋たる明るい未来が待ち受けております」とは、皆々様よりも遥かに長生きしております私の口からは、それはもう白々しくて言えるものではありません。
  そもそも前途が洋々としているの洋々とは、これまで高波を防いでくれた防波堤代わりの法律も、親の庇護という岸壁からも離れて、道のない大海に独りで漕ぎ出るという意味でありまして、鮫もいる、台風も吹き荒れている海原が安全な筈などありません。まあ、今まで船を繋いでいた舫(もやい)綱から開放されるという意味では、君たちにとっては、自由に公道を運転できる免許証を貰ったような喜びがあるでしょうが。

  まあ成人式とは、元服を迎えた少年が髷を結い、忠義のために命を捧げることを許された年齢と儀式であることを考えると、あなた方も何かのために命を捨ててかからねばならないということを、国と親から認められた日とするのが正しい訳でして、これで自由に煙草も吸えるぞ!親の許可がなくても結婚ができるぞ!とただただはしゃいでいられるということでもありません。
  親はあなた方が成人したことを喜び、高価な振袖やお祝いをくれるかも知れませんが、それは「ここまで健康に育ってくれてありがとう」という親心から発した単なる感謝の気持ちであり、それを真に受けて、「だったら新型フェアレディーZ買ってくれよ」とか、「プレゼントはワイハでいいよ」と、親に言おうものなら、そんな不遜なおねだりは、やがて十倍にも、二十倍にもなってあなた方の人生を逼迫させてゆくことになるでしょう。
  もしもあなた方の中に、成人式にも出席せずに、バイトや仕事や勉学に励み、自分たちを育ててくれた親に対して、小さなプレゼントでもいいから手渡して、「これまで私を育ててくれて、ありがとう。大切に人生を生きてゆきます」と告げた人間がいたのなら、その人の人生こそ、凪いだ大海原を自由に目的地に辿るつける櫂(かい)を手にしたと言えるかも知れません。
 
  しかし多くの人々は、理想とは大きな隔たりを持った人生を、これから歩んでゆくことは確かです。
  結婚を願っても、そんな当然のような願望さえ叶えられない人もいれば、恵まれた環境の中でさえ、自らの命を自らで絶つ人もいるでしょう。
  これまでは共に歩んできた友だちとも、離れ離れとなってゆき、やがて死んだことさえ知らずに、他人からの又聞きで嘆き悲しむ日がくるでしょう。すべては、仏滅の日、つまり本日の『成人の日』から始まった悲劇のプロローグなのかも知れません。
  就職する職種や会社の違い、貰う給料、暮らす環境、貰い貰われた結婚相手、仕事や暮らす環境によって変わる思想や物の捉え方・・・。それらこもごもが交じり合い、旧友は他人へ、他人が親友へと変わってゆく大きな転機となるのも、本日の成人の日からです。

  随分とネガティブなことを言ってきましたが、それではこれからの人生がすべて暗澹たる辛いものになるかというと、そうでもありません。大切なこと、それは他人と比べて自分は不幸せなどと思わずに、今あるものに感謝して生きるということでしょう。
  人が価値を比べる対象は、決して自分よりも劣った者ではなく、優れて目立つ人間だからです。人は持って生まれた才能と、運命と分(ぶん)というのがあります。その範囲内で、10あった苦労や悲劇の中に、1つや2つの幸福を見つけることができれば、その人の人生は決して捨てたものとはならないものです。
  それなのに、10あった苦労と同等、あるいはそれ以上の幸福を探そうとすると、人生はとてつもなく苦しく、自分は不幸だという気持ちを常に抱えて生きてゆくことになってしまいます。

  脚を失っても、手があることに感謝し、1万円落としても、それがお金で買えない大切な品でなかったことに感謝できれば、きっと1万円以上の何かを、人生の旅路で拾うことになるでしょう。

  たとえ今日の日が仏滅であったとしても、明日からは大安の日が始まるのです。明日から仏滅だというよりも、遥かにすばらしく思えて来ませんか?
 
  もう二度と来ない、二度と得ることができない20歳のこの日を、思う存分楽しみに、やがて始まる長く辛い旅路の準備とし、その旨を心得て下さい。
 
  本日は、御成人、おめでとうございました。日本でもし戦争が始まったら、その節は真っ先に出陣、宜しくお願い致します。m(__)m

〔本日の写真は神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮境内にて撮影〕

撮影日〔2002年1月14日〕

※使用機材 Canon EOS-1D/EF16-35mm/SIGMA 100-300mm 一部ストロボ使用
キヤノンEOS-1Dにて撮影されたRAWファイルを現像、JPEGに変換し、リサイズにより掲載。

【写真1】
 
【写真2】
 
【写真3】
 
【写真4】 人生という坂道を登りかけた君たちには、ゴールは遥か彼方・・・。
急がず焦らず、確実に登ることが大切なのです。おっと急ぐと躓ちゃうよ!
 
【写真5】
 
【写真6】
 
【写真7】
 
【写真8】
 
 
使用機材
撮影カメラ
Canon EOS 1D