※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
 
本日【2002年12月24日(火曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【イルミネーション特集 2002 Vol.5 〜さようなら江ノ島灯台〜】
 
 
本日は4枚の写真を掲載致しました。


  そう言えば、去年もこの江ノ島灯台を今の時期に撮影に来ていたのを思い出す。
  あれから一年が過ぎ、当時と同じイルミネーションで飾り付けられた灯台を見上げると、時の流れを感じさせられてしまう。
  古い江ノ島灯台の隣には、近代的な新江ノ島灯台が建ち、古い灯台はこれが最後のライトアップとなった。
  もはや古い灯台へ登ることはできず、そればかりか灯台が建つ植物園へも今は関係者以外は入ることができないため、私もやむなく遠くからの撮影となってしまった。
  それだけに、去年、灯台の上や真下から撮影した写真はとても貴重に思えてくる。

【イルミネーション特集 2001 湘南『江ノ島展望灯台』T 〜八景〜】
http://www.interq.or.jp/writer/shonan/newpage011227.html

【イルミネーション特集 2001 湘南『江ノ島展望灯台』U】
http://www.interq.or.jp/writer/shonan/newpage011228.html

  本日の写真で特に印象深かったのは、写真2として掲載した、江ノ島商店街から望む二つの灯台である。
  瓦屋根の店先を掠め、眺め見る新旧の灯台は、まるでSF映画の中のワン・シーンのように違和感があり、また景色に同化してもいた。
  写真サイズをいつもよりも巨大化したのは、その様子が少しでも体感して頂ければと思ってのことである。
  映像を巨大化した代わりに、写真の圧縮比を高くし掲載したので、画質は多少悪く見えるが、実際に1Dで撮影したままの映像は、特に写真3などは、鉄塔の細かな錆さえも写しだし、見事な映像として仕上がっていた。

  この二つの灯台のイルミネーションが見れるのは、22日から24日までのクリスマスシーズンと、大晦日、そして来年の元日のみとなっている。

  新しい灯台が灯台としての本来の役目を完全に果たせる機能が備わった時、古い灯台は解体されてしまう。
  私も何度となく登った古い思い出の灯台に、『ご苦労様』と最後の別れを告げてきた・・・。

〔本日の写真は神奈川県藤沢市江ノ島にて撮影〕

撮影日〔2002年12月22日〕

※ 撮影されたRAWファイルを現像、JPEGに変換し、リサイズにより掲載。

【写真1】
 
【写真2】
 
【写真3】
 
【写真4】
 
 
使用機材
撮影カメラ
Canon EOS-1D
撮影レンズ
EF16-35mm/EF35-350mm/SIGMA MIRROR 600mm
その他
レリーズ/三脚