※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
本日【2001年8月13日(月曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【まいど、お盆でございます!】
 
 
本日は7枚の写真を掲載致しました。
可也重くなっておりますが、写真が出揃うまで今しばらく御待ち下さい。m(__)m

毎度、毎度のことだが、夏のお盆がやってきた。
この頃になると、新幹線の乗車率やら、高速道路の混雑状況などが、連日テレビで伝えられ、夏ももう終わるのだなとの寂しさが、心のどこかに湧き起こる。

禅寺ばかりを集めた東北一の禅林街(茂森町)には、本日(13日)の本格的な墓参による混雑を避けようと、朝早くから墓参りの人々で賑わっていた。
この写真を撮影した昨日は見かける事はなかったが、いつものこの時期、沿道には霊媒師のイタコがゴザを敷いて座り、客の希望を聞き、彼等の肉親や先祖の霊を呼び出し、商売に励んでいる光景が見られるらしい。
多くの皆さんが"これぞ津軽!"といわんがばかりの風景が、このお盆の時期に、この禅林街で目にする事ができるのだ。

そんな寺町の風景を、本日はスケッチしてみた。
墓参りをしている人々のスナップ写真をとも思ったが、そのような光景は何も津軽でなくとも見られることであり、肉親を亡くして間もない人も居るかも知れないと思われたので、撮影は避けた。

お盆の時期は、暦の上ではもう初秋であるが、写真Eに写った『長勝寺/三門』の上の空は、確実に秋の気配を漂わせていた。
昨日は、津軽では8月に入って珍しく暑い日であった。
ねぷたの季節には肌寒さも感じた気候であったが、やっと残暑らしい天候が続いている。

〔本日の写真は青森県弘前市の禅林街にて撮影〕

撮影日〔2001年8月12日〕

【写真1】 ミノルタ DiMAGE7でオート撮影。画質/ファイン。
 
【写真2】 この日は12日の夕方ということもあって、まだまだ本格的な
混雑していない禅林街となった。
ミノルタ DiMAGE7でオート撮影。画質/ファイン。
 
【写真3】 ミノルタ DiMAGE7で賽銭箱に露出を合わせオート撮影。
画質/ファイン。

 
【写真4】 黄色いのが、秋の七草の一つである女郎花(おみなえし)。
ミノルタ DiMAGE7でマクロモードに設定し、オート撮影。
画質/ファイン。
 
【写真5】 ミノルタ DiMAGE7でオート撮影。画質/ファイン。
 

【写真6】 長勝寺の三門。
ミノルタ DiMAGE7で空に露出を合わせオート撮影。画質/ファイン。

 
【写真7】 ミノルタ DiMAGE7でストロボを使用しオート撮影。画質/ファイン。
 
 
使用機材
撮影カメラ
MINOLTA DiMAGE7