※ このページは、2000-2004年まで続いたHP『津軽海渡のデジカメ紀行』に掲載していた写真や文面を、そのまま復刻させたものです。
   リンクは既に繋がっていないものが殆どであるため、その旨御了承下さい。
 
 
今世紀2日目の【2001年1月2日(火曜日)】の1枚の写真は!?
 
 
【これが正真正銘!2001年・初日の出!!!】
 
 
今年、そして今世紀二日目の『1枚の写真』は、これぞ本物の2001年初日の出をお送りします。
この写真は神奈川県藤沢市にあるあの江ノ島海岸で撮影したものですが、私が年賀メールを出し終わり、電車で江ノ島に向かったのが6時半近く。
本日の日の出は、7時10分頃とのことだったので、ぎりぎり間に合う時間であった。
しかし、臨時の電車は急行がなく、私が各駅で江ノ島に到着した時には、既に御来光を見終えて『片瀬江ノ島』駅に向かう人々と、それこそすれ違うのもやっとという混雑状況。
それ故、私がやっと海岸に到着した時には、すでに陽は大分高かった。
すかさず IXY DIGITALを取り出し撮りだし、撮影したのが、本日のトップの写真。
陽光のオレンジが、深い海色(この日は光の加減でコバルトブルーでした)の海面に反映し、その上をウィンドサーファーたちが駆け巡るという、すばらしい光景でしたが、実際の映像の方が、写真よりも数段すばらしく、人々は口々に「来て良かったァ〜!」「思い残す事はない!」「満足ゥ〜!」を連発していたのが印象的でした。

あと10分早かったら、もっとすばらしい映像(撮影場所の確保と、撮影準備)ができたのにと、後悔が残った1枚ですが、けっこう気に入っています。
写真では既に、殆どの見物人は引けてしまいましたが、とにかくすれ違った人の数は、半端じゃありませんでした…!!
撮影はできませんでしたが、この寒空の下、超ミニスカートを履いた若い女のコの多いことは、特筆すべきことなのかも知れません。
〔撮影日2001年1月1日午前7時12分〕

● 【写真1】Canon IXY DIGITALで、露出補正する間もなく、オート撮影。【写真2】をトリミングをして掲載。だから、ちょいと画質が悪いのです。(^^;)

【写真1】
 
【写真2】
 
【写真3】 ●Canon IXY DIGITALで、オート撮影。
 
【写真4】 このような若者たちのグループが多かった。
●Canon IXY DIGITALで、オート撮影。
 
【写真5】 御来光はやがて、雲の中へと消えて行った。
今世紀はどんな100年になるのであろうか…。
●Canon IXY DIGITALで、オート撮影。
 
【写真6】 御来光を見た後、暖をとる若者達。
こんな光景は、元日の朝、どこでも見られる風景かも知れない。
●Canon IXY DIGITALで、オート撮影。
 
 
使用機材
撮影カメラ
初代 Canon IXY-DIGITAL